癒しのアロマ寺

体験者のプロフィール

年齢:19歳
出身:神奈川県
職業:大学2年生
利用期間:1週間

滞在先情報

この記事では、2022年4月に福岡県八女市に1週間滞在した高辻さんの経験談を紹介していきます!

【高辻さんプロフィール】
年齢:28歳
出身:石川県
職業:元看護師
利用期間:1週間
ステイ先について:福岡県八女市
ステイ先の紹介HP:https://tera-ango.familyinn.jp/visit/entsuji/

寺あんごを理由を教えてください


寺あんごを利用した理由としては、「帰れる場所をつくりたい」が一番でした。
自分の人生において、色んなところを転々として生きているという性質があります。
様々な土地で、色々な人と関わる中で、「自分の帰れる場所ってどこだろう?」という気持ちが芽生えていた時に寺あんごを知りました。
お寺というのは、何百年下手すると何千年もその土地に根付いており、鎮座しているというイメージを抱き、お寺を帰る場所のひとつにしたい。そう思い利用しました。

寺あんごを利用する前の気持ちはどうでしたか?

円通寺に行くことが決定してからは、ドキドキワクワクが大きかったです。
私が住んでいる北陸からもとても距離があり、九州に滞在するというだけでワクワクしていました。
勿論、帰れる場所のひとつになったらいいなと期待も込もっていたと思います。

滞在を通して感じた関わった人や寺の印象を教えてください

コロナの影響もあり、実際にお寺の中入ってくる人は多くないが、朝や夕方など、散歩がてら手をあわせに来る人は多かったと思います。
実際に、住職さんの奥様とお話する中で、かつてはもっと人が集まる場所だったことがわかりました。毎月17日にある法要では、コロナ前だと約70人前後の方々が集まり、食事もともにしていたそうです。コロナの影響で来られる方は随分減ってしまいましたが、それでもお寺が集まる場所だとわかっている方が沢山いることが分かりました。

お寺に住われている元住職、お手伝いのみっちゃんも勿論ですが、受容の心を持っている方が多いんだなと滞在中に強く感じていました。
昨今、人間関係でのストレスや忙しい毎日で心がすり減っている現代人が多い中。一人の人として、優しく見守ってくださる姿勢は、お寺という場所も影響して、生み出されるものなのではないかと感じていました。

私が強く望んでいた「帰れる場所」として、最適だと感じます。

どんな経験をしましたか?

お寺に関することでは、毎月17日に法要があるため事前準備と参加をしました。法要では、長年通っている方たちが集まり、法要が終わった後にはお茶を飲みながら世間話や今後についてお話をしました。

受け入れ先のリヨさんは、円通寺で過ごす家にアトリエを併設しており、アロマに関する仕事をされています。
その関係で、交流会や講習会といったものの実施があるため、そちらに参加をしました。
交流会の中で、佐賀に住われている人と知り合いになり、翌日には佐賀を案内していただきました。
人と人との関係性がとても柔らかく、居心地の良さを感じました。

私自身は、体調不良で参加することはできませんでしたが、毎月15日には作務DAYと呼ばれるイベントがあります。プチ修行とも題されており、【心、身、魂の浄化】を目的とし、お寺の境内を清掃する日です。
全国各地から、十数名が集まり、境内を掃除した後にはみんなで一緒に食事をします。

最後に感想

自分が寺あんごで求めていた「帰る場所をつくりたい」という気持ちに最大限に寄り添ってもらえたと強く感じています。
寺であるという安心感も勿論ですが、そこにいてくださる”人”がとても大切なんだと再度気付かされました。
ありがたい心で迎え入れてくださって本当に嬉しかったです。

◎SNSでも随時情報発信をしています!是非チェックしてみてください!

●Twitter
https://twitter.com/tera_ango

●Instagram
https://www.instagram.com/tera_ango/

●Facebook
https://www.facebook.com/inakahomestay

●ゲスト専用公式LINE
https://lin.ee/kYjEROv

●ホスト専用公式LINE
https://lin.ee/t9pUj4l

まずはLINEで
気軽に相談できます。